苫小牧って、どんなまち?

フェリーからの海 基本情報

北海道苫小牧市ってどこ?

みどり
「いきなり、来週から”ほっかいどうの苫小牧し”に飛べって、ボス鳥に言われたんだけど・・・」
しらとり
北海道苫小牧市は北海道の中央、道央の胆振地区にある都市だよ。」
みどり
「っていうか、ほっかいどうってどこなんだよ。そこから教えろよ。」
しらとり
「めんどくさい・・・」

苫小牧は、新千歳空港から30分、札幌から1時間ちょっと、道央の胆振地区にある都市

苫小牧市は北海道の空の玄関、新千歳空港から車で30分ほどの距離です。
空港を降りてから、札幌方面とは逆に国道を走ります。

北海道の第1の都市、札幌市までは68km、車で1時間ちょっと。

もし、新千歳空港から登別温泉に行ったことがあれば、とおり過ぎたことがあると思います。

苫小牧市はどんなまち?

みどり
「空港からも近くて便利だな。でも、どうせ、ど田舎なんだろ?
しらとり
「都会とは言えないけど、人口は17万人くらいで北海道で4番目の都市だよ。」
みどり
「4番目?聞いたことない街なのに?」
しらとり
「確かに知名度は低いけど、チェーン店とかも1通りあるし、困ることはないんです・・・

苫小牧は、道内4番目・17万人の都市、道内では数少ない工業のまちです。

苫小牧市は人口は17万人くらいで北海道で4番目の都市。

苫小牧の港は、北海道の海の玄関口なので、道内では数少ない工業のまちです。

王子製紙のえんとつが町のシンボルの1つ。トヨタ関連の工場などもあります。

多くの地方都市と同じく、駅前がさびれてきていて、イオンなどの郊外型の店舗に人が集まっています。

公共交通機関はバスがありますが、自家用車で行動する人が多いです。

苫小牧市って、どれくらい寒いの?雪の量は?

みどり
「まぁ、生活に困るほど田舎じゃなさそうだな。でも、くそ寒いんだろ?雪かきとかムリ・・・
しらとり
「確かに冬は寒いけど雪は比較的少ないよ。それに夏は涼しくて30℃にいくことはほとんどないんだ」
みどり
「暑くなかったら夏じゃないよなー。」
しらとり
「確かに、夏だーーー!って思うのは年に数日しかない・・・

苫小牧市の年間平均気温は7〜8℃、雪は道内ではかなり少ない。

苫小牧市の年平均気温は、だいたい7-8℃くらい。ちなみに東京は16-17℃、札幌は9℃くらいです。

年の最高気温は30℃にいかない年が多く、最低気温はマイナス15℃くらいです。

年間の降雪量は100~200cmくらいで、積雪が50cm以上となる日はほとんどありません。

札幌の年間の降雪量は400~600cmくらいで、積雪が50cm以上となる日は年間100日を超える年もあることを考えると、かなり少ないですね。
おおざっぱにいって、札幌の1/3以下しか雪は降りません。

どちらにも住んだことがありますが、体感的な雪かきのたいへんさは札幌の1/10以下という印象です。(1/100といっても言い過ぎじゃないかも・・・)

(参考)気象庁HP
http://www.data.jma.go.jp/obd/stats/etrn/index.php

まとめ

かんたんにまとめると、

苫小牧市の特徴
  1. 新千歳空港から近く、札幌にも行きやすく、アクセスが良い
  2. 道内4番目・人口17万人、道内では数少ない工業のまち
  3. 夏は涼しく、冬の雪は比較的少ない

はじめて北海道に引っ越す先としては、とても住みやすいまちだと思います。

ただし、道外、特に東京などからくる人は、

  • 娯楽が少ない
  • 車がないと困ることが多い
  • 冬の屋外はさむい、本当にさむい

という点に注意ですね!

実はカヌーに乗れる場所もあったり、このブログでも苫小牧での楽しみ方について、いろいろ書いていきますので、ぜひ読んでください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です